KUSU'S SITE
2018年4月25日

【WordPress】カスタムフィールドの値の有無で表示・非表示させる方法とは?

  

 WordPressのカスタムフィールドを使ってページ作成するにあたり、通常の設定だとカスタムフィールドの値が入力されていないままページを作成した場合、その部分は空白なまま表示されてしまいますが、条件分岐を使えばカスタムフィールドが未入力だった場合にはその部分を非表示にさせることができる…ということを実装することができます!

そこで今回はカスタムフィールドの値の有無で表示・非表示させる方法についておお話したいと思います!

条件分岐の書き方

 まず例としてカスタムフィールド名testをページに表示させるには、以下のように記述することで表示させることができます。

<?php echo get_post_meta($post->ID, 'test', true); ?>

そして、このtestが入力されていた場合のみに表示させ、未入力だった場合には表示させない条件分岐の書き方は以下になります!

<?php if(post_custom('test')): ?>
	<?php echo get_post_meta($post->ID, 'test', true); ?>
<?php endif; ?>

この1行目の

<?php if(post_custom('test')): ?>

この文の“test”という部分にカスタムフィールド名を記述しておくことが重要になります。

まとめ

 以上がカスタムフィールドの値の有無で表示・非表示させる条件分岐の書き方でした!

この条件分岐を活用すれば、カスタムフィールドAが入力されていた時はこう表示させ、カスタムフィールドBが入力されていた場合にはこう表示させる…なんて設定もできたりするので、この機会に知っておくとよいかもしれません(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA


スポンサーリンク

ホームページ制作について

ホームページの制作依頼希望の方
はまず↓をクリック!
ホームページの制作依頼希望の方はまず↓をタップ!
サービスの詳細

WordPress講習会について

WordPress講習会について
気になる方ははまず↓をクリック!
WordPress講習会について気になる方はまず↓をタップ!
サービスの詳細

TWITTER


ページトップに戻る