KUSU'S SITE
2016年7月1日

【悲報】最近あったジーンズの裾上げでの失敗談…

  

 本当ここ2週間ぐらいで起きた出来事なのですが、かなりヘコんだのでブログで書いてみたりします。(苦笑)

 最近ネットにてよさげなジーンズを見つけたので購入したのですが、届いたその日に裾上げしに行きました。
自分はリジット(未洗い)のあのパリパリな感じのまま履くのが好きなので、敢えて洗わずに裾上げしに行ったのですが、その時店員さんに
「一度洗ってから再度お越しください」
やら
「洗ったらかなり裾短くなってしまいますけど、それでも今裾上げされますか?」
など言われました。今思えばその時に大人しく店員さんの言うことを聞いておけばよかったのですが。。。

その時の自分は
「それでも今の状態(未洗い)のままで裾上げしたいです!」
と食い下がらず、店員さんも
「そこまで言うなら…(何があっても知らないよ?)」
的な感じで裾上げをしたのです。

基本的にズボンの裾は靴を履いていない状態でも床から2~3センチほど空いてる状態が自分的には好みでして、今回もそれぐらいの長さで裾上げをお願いしたのです。

出来上がったものは自分的には裾の長さ的にも合格点で、それからはほぼ毎日といっていいぐらいそのジーンズを履いていたのですが…事件は起こりました。

財布を入れるとズボンが落ちてくる

 自分はいつもズボンの右後ろポケットに財布を入れているのですが、今回のジーンズも同じようにポケットに入れていたら…財布の重みでジーンズが下がってきたのです。

「そうだ、いつも裾上げしてもらう時は財布をポケットに入れてズボンが財布の重みで下がっている状態の時に裾上げしてもらってた。。。」
とふと気付いたのです。

もちろん財布の重みでズボンは床から2~3センチどころか、床すれすれぐらいまで裾が下がっている状態に。
これは自分としてはあまりよろしくない!ってことで、お金はかかっちゃうけど再度裾上げしてもらおうか…と思ったのです。
店員さんに聞いたら、一応は5mmから裾上げはできるとのことだったので…

ただ、この時にふと
「一回洗えば裾が短くなって、ちょうどいい長さになるんじゃね?」
と思ってしまったのです。これが事件の始まりでした…

いざ洗ってみるとまさかの…

 まず、なぜ店員さんにあれほど一回洗ってから来てくださいね、と言われても食い下がらなかったのかというと、以前リジットのジーンズを買った際に結構な期間履いたあとに洗ったら裾等が短くならなかった、という経験があったからです。

ただ、今思えばそのリジットのジーンズはちょっと特殊なデザインのもので、表側がジーンズ生地・裏側がチノパン生地というものだったので、洗ってもチノパン側の効能?で短くならなかったのだ、と…。

その事実に気付かなかった自分は意気揚々と今回買ったジーンズを洗いました。
すると…
4~5センチ短くなってしまっている!!!

その後試しに履いてたら財布をポケットに入れた状態でも裾が床につくことはなくなりましたが…足首まで裾上がってるやんけ!!!という無残な状態に。。。
いくら腰パンしてもいい感じにはならず…諦めて同じデザインで最初から洗ってある状態のジーンズを買うことになりました(T-T)

まとめてみると

 今回の出来事を踏まえると、とりあえずリジットのジーンズを買ったら、あのパリパリ感を楽しみたいのはやまやまだけど、自分の場合は一回洗ってから裾上げしてもらうようにする…ということを思いました。。。

たぶん、パリパリ感を楽しみたいのであればちょっと細身のジーンズで、足元をクシャっとできて裾を上げれるヤツであれば未洗いの状態でも履けるんだろうなぁ、と…

とりあえず、新しく買ったジーンズが明日には手に入る予定なので、そのまま裾上げしてあさってには履けるようにしたいなぁ、と思う次第です。。。
もちろん、裾上げしてもらう時にはポケットに財布を入れた状態で!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す




スポンサーリンク

ホームページ制作について

ホームページの制作依頼希望の方
はまず↓をクリック!
ホームページの制作依頼希望の方はまず↓をタップ!
サービスの詳細

WordPress講習会について

WordPress講習会について
気になる方ははまず↓をクリック!
WordPress講習会について気になる方はまず↓をタップ!
サービスの詳細

TWITTER

ページトップに戻る